top of page

ミッション:
豊かな暮らしと自然が共存できる社会
​をめざして

海からもらった生きる勇気

わたしが生きている意味って何だろう、

いっそ居なくなってしまった方が良いのではないか...。

 

つらく苦しい、真っ暗な毎日の中で

14才のわたしが向かった先は海でした。
 

夕日に照らされて煌々と波打つ、そんな海をみて、

わたしは不思議と「生きたい」と思えました。

海が綺麗でいてくれたからわたしは今日も生きています。

あの日海が綺麗でなかったら、輝く夕日に心が奪われていなければ、

わたしはもうこの世にはいませんでした...。

わたしはとにかく海にいつまでも美しくいてほしい。

自然景観のダイナミックな美しさに少なからず救われて、癒されて...

そんな人間はわたし以外にもいると思います。

20歳になったわたしは今、

人の豊かな暮らしも大切にしながら、
自然景観の保全も同時に叶えられる社会の実現を目指しています。

その一環であるこの「リターナブル食器プロジェクト」は、

現在(2023年5月)はイベントでの貸出を主に活動しています。

今後、事業を拡大するにあたって、日常的に全国どこでも使える『リターナブル』な

リユース食器のレンタルシステムの構築を目指したいです

現在、会社としての立ち上げを目標に活動しております。

是非応援とお力添えを、どうかよろしくお願いいたします。

bottom of page